ガラス施工技能士

 
技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。
技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。

ガラス施工の技能検定は昭和46年に初めて実施され、以来、年々内容の充実を図り、現在に至っています。平成25年度までのガラス施工技能検定の合格者は、1級11,474人、2級11,446人(全硝連調べ)となっています。

技能検定は、国(厚生労働省)が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行っています。全硝連ではこの試験問題等の作成に携わる中央技能検定委員を5名派遣しています。

技能検定の合格者には、厚生労働大臣名(特級、1級、単一等級)または都道府県知事名(2級、3級)の合格証書が交付され、技能士と称することができます。

平成30年度技能検定実施結果




令和元年度技能検定実施日程(後期実施)

実施公示

 令和元年9月2日(月)

受検申請受付期間

 令和元年10月7日(月)~10月18日(金)

実技試験

 ・問題公表:令和元年11月29日(金)
 ・実施期間:令和元年12月6日(金)~令和2年2月16日(日)

統一実施日

 ・学科試験 【1級・2級とも】
  令和2年1月26日(日)10:00
 ・計画立案等作業試験【1級】
  令和2年1月26日(日)13:15
  【開始時刻については各自ご確認ください。】

合格発表

  令和2年3月13日(金)

LinkIcon中央職業能力開発協会(JAVADA)


技能士カード

全硝連では1級及び2級ガラス施工技能士の皆様に技能士カード(カードケース付き)を作成しております。
信用と技術の証となるこのカードを是非ご活用ください。

所属組合で指定用紙にご記入の上、お申し込みください。
(写真・技能士番号・合格証書の写し等が必要です。)
なお、募集は年1回です。(毎年6月発行)
平成30年度IDカードの受付は終了しました。
作成したIDカードは組合様宛に6月下旬を目途に送付いたします。




グラスマンハンドブック
オフィシャルガイド

これ1冊で板ガラスのすべてがわかります。
業界必携のバイブルです。
第3版 平成29年発行 A4版571頁

一般販売いたします。
ご希望の方は都道府県組合、または全硝連までお問い合わせください。